がん、1人で抱えずに 広島で音無美紀子さん講演

がん、1人で抱えずに 広島で音無美紀子さん講演

乳癌Mikiko音無(59)のため左の胸の摘出手術を受け取った俳優の講演会は14日の市の中区広島の中国の新聞ホールでした。
音無は1987年の胸の塊に30代に気付きました。 病院とそれの乳癌が作動するとき、それは診断されます。 退院した後に、それは、だれも相談しないことができませんでした、そして、憂うつを始める経験は明らかにされました。 「精神的な点で私は操作より苦痛でした。 単独にそれを持って行かずに」それは呼びました。
南地区の主婦**Sachie(54)が話していた、「それが更新されたので、思われる、初期段階の健康診断と気軽な相談は重要でした」

癌の診療のためのベース病院、県の広島病院(南地区)、市の広島市民病院(中区)、広島赤十字、および原子爆弾病院(中区)の広島大学病院(南地区)はそれを後援しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん遺児に勇気を 郡山でチャリティー演奏会 »
« がん制圧へ命のリレー 24時間歩き支援訴え