がん制圧へ命のリレー 24時間歩き支援訴え

がん制圧へ命のリレー 24時間歩き支援訴え

【Kitadani】癌患者のサポートイベント「リレーフォの寿命」(後援とこの実行委員会)はKitadani公園陸上競技場における14日を始めました。 癌患者、家族、あるいはまた強化されて、人々のグループが24時間、債券のために歩くサポート、および癌の抑制の貢献は集められます。
この出来事は1985年に合衆国で始まります。 それは合衆国で1年に5000回以上持って行かれます、そして、貢献は癌の開発費の新しい薬のなどに割り当てられます。 委員会が2006と、今回国内で各領域で実行するボランティアの処刑は沖縄で成立することにおいて1回目です。 把持は今年全国を通じて沖縄から始める12の場所で予定されています。
癌は24時間眠りません、そして、その人が24時間守るために争われている現実に反対であっても、患者は24時間のメインのミーティングにおけるリレーを置きました。 患者は、風雨が寒さのため強くなって、それがこの日にこのスタジアムに入り始めた内部と午後1時30分にバナーに乗り出しました。 [よじ登ってください; ei]という実行議長、穴; easa: オープニングセレモニーにおける癌患者の自ら。 「私は、出来事でお互いを支持する機会に勇気を持って、歩いて欲しいと思います。 沖縄から人生のリレーを送りたいと思います。 」挨拶で。
医療関係者と癌患者によるフォーラムとライブミニ、をしました。 癌で死んだ人は、耐えられました、そして、個人名とメッセージがキャンドルで点灯された”Ruminarieseremoni”は夜で開かれました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん、1人で抱えずに 広島で音無美紀子さん講演 »
« 重粒子線がん治療装置設置場所 『市大医学部隣接地に』横浜市、県に要望書