重粒子線がん治療装置設置場所 『市大医学部隣接地に』横浜市、県に要望書

重粒子線がん治療装置設置場所 『市大医学部隣接地に』横浜市、県に要望書

県が2014年の年度に県に陸に隣接しながら横浜市のAsahiの区の市の大きい医学部(金沢区)で治療開始を目的とする「重い粒子線癌の治具」の設置場所を作るよう同じ都市に要求する要求を提出したなら、14番目は分かりました。 取ることができた内容でこの装置インストール基礎プランを公共にした、県の月の中で「待たれた」都市を数100億円のスケールの置くことの大きいプロジェクトの居場所での注意に特定の影響を支払います。  (Takashi中山)

この装置は作られています。癌の治療の最先端の設備。 Matsuzawa知事が県のがんセンター(同じ都市のAsahi区)の再維持に従って1月に現場の間にこの装置を県に紹介する意志であると申告する’07フィートnabun。 工事始めのプランは11年間くじ引きで決められています。
他方では、これまで市の大きい医学部でこの装置に従事するために人材育成を扱った詳細があります。 維持を大学の付近まで要求する声はその前に言われて、それが強かったということです。 そのうえ、都市は中期計画でそれの場所を見つけます、「ビジネスへのこの施設の作成は県と共に協力して試みられます」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん制圧へ命のリレー 24時間歩き支援訴え »
« がん地域連携パス 3病院で試行へ