がん地域連携パス 3病院で試行へ

がん地域連携パス 3病院で試行へ

県は、癌を治療した医療機関が、どれについて流れの情報を共有したかでそれぞれ「癌の地方の同盟は一時的である」という役割に事情を知らせる使用を調べながら、それをはっきりさせました、そして、処理は青森の青森市の国際的なホテルに保持されました、そして、県の県の中央の病院などの3つの病院が14日に4月1日に肺癌と胃癌を通過する地方の同盟を運用しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


重粒子線がん治療装置設置場所 『市大医学部隣接地に』横浜市、県に要望書 »
« がん闘病語ろう 今月末、名古屋に「患者サロン」開所