がん闘病語ろう 今月末、名古屋に「患者サロン」開所

がん闘病語ろう 今月末、名古屋に「患者サロン」開所

お互い、および学習されたお互いを経験してください。癌患者が分割する、今月末に「癌の客間ピアネット」は市の中区名古屋の開いている場所suruです。 都市が全国的に珍しいので、永久に都市のパブリックスペースで客間で患者支持器(同じ都市の昭和時代の地区)のPromote Specified Nonprofit Activities人のミ-nettoへのどの法に確立しているかは組み合わせ管理をします。 癌の医療曳索不安の前進と患者の人生長期化が持って来られる間の病気に対する戦いの孤独。 サポートのアプローチとして病院の外で注意をそれに向けます。 (寿命部分、genseiji、およびアキオ・安藤)

客間はその領域の80平方メートルです。 そこに、本がスペースを追い詰めて、交換するということであり、薬が癌、患者の経験記録、および診療ガイドラインなどで専門家の講演の材料に声の説明を置くビデオのライブラリを予約するように、1000年のスケジュールを格納するのはインストールされます。 訪問者が交換スペースで互いに話すことができるソファーと個々の相談角があります。 相談は、5月に受け入れて、今、努力を患者の交換にします。
設立時間は平日の朝10午後4時です。 それは、週末に癌患者グループなどのミーティングにそれを使用します。 管理が都市によって委託されたマイル-nettoはメンバーボランティアの患者と家族が自己の経験を言う28人のpiakaunseraの人々を訓練している間、「心の支柱」として訪問者と経験に関して話して、情報を提供して、機能します。
取締役三木Hanaiは、「医師が忙しいので、部屋を故意に患者の不安と疑問に反対にすることができません。」と指摘します。 それが客間設立の意味に関して話して、言って、「が癌患者それが容易に止まることができる都市部に機会を提供するのが、重要であり、もっとも、長い間管理に尋ねたのを全国的に我慢強いライブラリと病院の交換スペースを増加させた、」

初年度における事業費は600万円です。 3は名古屋市立大学の教授をuedaryuuします: 市立病院の局の指導官で。 「私は、互いに患者と家族をつないで、医療人と管理に調停される窓になって欲しいと思います。 マイル-nettoは施設を持っている情報と適切な治療がふんだんに受けられる医師情報を提供できて、医療機関のフェンスを超えて、人に合います。 」それはそれを予想します。
病気のsuru岐阜県のKakamigahara市に対する戦いにおけるHika**会社従業員横山(39)も: 不十分な癌のユーイング肉腫で。 「種類、年令または癌の性別にかかわらず容易に客間を使用できるのにおいてそれを歓迎します。 私は、患者と家族が近づくことができる場所に入って欲しいと思います。 」それはそれを予想します。
骨の内皮腫を拡散させてください。処理。方法。設立します。手に負えない。癌。投げてください。提供してください。不安。気持ち。分割してください。我慢強い。参加してください。癌。親切。異なってください。要求します。情報。移行してください。話してください。suitable.Itはそうです。様々な場所の病院の相談角による感じられて、それを使用するのがそれが通院患者でなければ簡単でないということであったのは、前述です。
-   -

数個が相談の機能を持っている永久的な客間を抽出します、医療情報、そして、交換協会は全国を通じて高知や、島根や、東京などに似ています。 統合測定、それぞれでは、患者支持器の管理部門は一昨年の4月に新たにがん対策実施の基本法則で要求されて、拡大は示されています。
三重県の代理店における3人の「癌の相談サポートセンター」は東海の地域の状況で相談ビジネスを担います。 それは言われています、「新会計年度に様々な場所にスタッフを送って、ホールデイング回数を増加させて、永久的な客間の機能の近くでそれを持って来たがってい」て、もっとも、本の収集は100です、そして、かつて患者と家族の交換協会は1カ月です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん地域連携パス 3病院で試行へ »
« 職場がん検診、受診40%前後 広島県内07年度