県立がんセンター:モルヒネを紛失 金庫に保管の10包 /埼玉

県立がんセンター:モルヒネを紛失 金庫に保管の10包 /埼玉

「液体(10ミリグラム)を取るOpuso」という保たれたドラッグ仕様Tenの処理が第7代病棟の看護婦の金庫に発表されたので、モルヒネは第13県のがんセンター(**と400のアルコーブを提供する亮ディレクター)にそれを配置します。包装します。 woはなくされました。 それが腹痛を起こすと言われているか、または一度に飲むとき、眠くなる可能性があります。 損害報告は11日の上尾ステーションに出されました。 もっとも、確認された異常が10日の夜、夜勤の看護師が見つけられませんでしたが、発表に従って翌日11日の午後0時10分頃に通知された別の看護師は、モルヒネを減少させ続けていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


職場がん検診、受診40%前後 広島県内07年度 »
« 職域がん検診