職域がん検診

職域がん検診

それは企業と共に普及に協力します。首都予算委員会であり、それが伊藤と、それであるという「若い人の心配」は聞かれた窓のように松葉議員です。

東京のアセンブリの予算特別委員会は13日に開催されました、そして、伊藤は両方の議員が質問で立てた公明党と松葉Tamikoのものの1つをkyouします。
議員の伊藤は、「若い人の様々な心配を捕らえる総合的な相談窓口のインストール」であり、職場環境などMoreoverの劣化に基づいてそれを強調して、それは、多岐に渡った相談に相当するように特別な支援機関のネットワークの工事を提案しました。
Eiichi久我若者と公安特別委員会の代表は、「18歳の、または、より若い人についての心配に相当できた窓が、準備させられました、そして、電話相談窓口は年度2009に早いことに確立されました」と仮定して、「若い人のサポートに関する相談組織で構成された連絡会議は、セットアップされます。」と答えました。

そのうえ、議員の伊藤は、子供の学業成績進歩に引退の教師のボランティアを使用するよう提案します。 教育長Masayuki Oharaは、続ける補習授業と指導にこのボランティアを使用した首都のモデルスクールが群がると答えて、などは20学校年度2009で選択されました。
松葉議員が首都の女性の乳癌と子宮癌の死亡率で全国平均と比べて大電流状態を指摘して、上告したのが「地区自治体が実行した癌の診察に加えた職業で受診率を改良するのが必要です」。 「女子社員は年度2009に、あった多くの企業に社内の普及の啓発に懇願します」と言って、局の安藤福祉健康指導官が反応させた足袋。

そのうえ、松葉議員はプレーとダンスの練習場として首都の文化的な芸術の販売促進に関して首都での遊休施設の使用を提案します。 年度2009の終わりまでに練習場として有効に遊休施設になった、局の指導官が群がるのを首都の高値を維持する計画に示した敏幸秋山人生文化スポーツ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県立がんセンター:モルヒネを紛失 金庫に保管の10包 /埼玉 »
« がんの息子は舞台が命 がんこおやじは「勉強が先だっ」