医療用モルヒネを紛失 埼玉のがん病院

医療用モルヒネを紛失 埼玉のがん病院

埼玉の県のがんセンターは、13日に彼らが麻薬取締法のドラッグに指定された処理のためにモルヒネを100ミリグラム失ったと発表しました。 「議会のためそれを間違って捨てる可能性は高く」Itをそれを仮定します。
モルヒネはナースステーションがロックできる薬の倉庫に保たれます。 別の看護師はこの患者だけの看護師が、10の番目ものの真夜中にモルヒネを100ミリグラム含んでいた男性患者の薬があったと確認しましたが、11の番目ものの昼間になくされたそれぞれのkusurifukuroの量を見つけました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


伊那中央病院、がん診療拠点病院に »
« 難病、がん支援に「奔走」=市民がスポーツで資金集め-米