難病、がん支援に「奔走」=市民がスポーツで資金集め-米

難病、がん支援に「奔走」=市民がスポーツで資金集め-米

マラソンと難病の処理サポートなどの目的で資金を集める競輪は、合衆国で活発にされます。 スポーツチャリティイベントのスケールは毎年、一部インターネットの改革のため広がります。 市民のスポーツ参加は数100億円の「善意」を動かします。
最近多発性硬化症のサポートグループ「MS社会」後援の競輪に参加するとき、ニューヨークの銀行員ネイザンbaru区(36)は寄付金を募った友人メールを送りました。 レースのアウトラインに同意する人は、サポートの形でネットを通してそれを寄付して欲しいですか?
以前、単に私の貢献で関与したことがありましたが、貢献は今、インターネットの特別なページに容易に集められます。 自転車は、愛して、素晴らしい状態で競走をします。「また、人の心臓のものへのマンハッタンでのcontentItが可能である開始は社会に貢献できますか?」Itは話します。
レースは米国の100の場所で開催されます、そして、1年あたり10万人は参加します。 8400万ドル(約84億円)は2007年に集められました。 本当に、この社会の収入の60パーセントはスポーツチャリティイベントの貢献です。
心臓病、白血病、および喘息。 人は様々です、そして、また、「走行」理由もサポートで様々です。 「スーザン、G、およびko-男性乳癌基礎」が1991年にニューヨークで開いたチャリティーマラソンでそれを分配した後に、乳癌撲滅運動を象徴したピンクのリボンは、広まりました。 レースは、現在世界の121の場所に達します、そして、150万人は参加します。
基礎パブリシストは「問題意識を改良するのに、多くの人々を回転させるスポーツは、最も良いこと」で話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療用モルヒネを紛失 埼玉のがん病院 »
« 抑制遺伝子確認、がん治療に期待