抑制遺伝子確認、がん治療に期待

抑制遺伝子確認、がん治療に期待

九州大学生体防御薬の実験の他におけるKeiichi 中山のグループは急速な細胞増殖を抑圧するために役割を果たすと予想された遺伝子を確かめました、そして、それは米国科学アカデミー報告電子版に知らせました。 病気の癌の外観のメカニズムの明確化を引き起こすと予想されると言われています。
この遺伝子はp57と呼ばれます。 中山他教授は構造が細胞の増殖を抑える「がん抑制遺伝子」として知られているp27によく似ているというポイントに注意を向けます。 p57を取り外したマウスは、小さいなどになるとして異常から行きましたが、通常、p57の代わりにp27に建てたマウスは、成長しました。
その結果、2つの遺伝子では、同様の機能があって、それはあえて細胞の増殖の早いことを調整した働きをしました。中山教授は話しています、そして、「それが癌の病気の外観に重要な役割を果たすと予想されて、詳細にさらに、機能を調べて、処理などの新しい方法の開発にp57を結びたがっています」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


難病、がん支援に「奔走」=市民がスポーツで資金集め-米 »
« 職場のがん検診で受診は40%