職場のがん検診で受診は40%

職場のがん検診で受診は40%

県の広島で企業とグループのオフィスで実行された癌の診察の受診率は県の調査で初めて、見つけられました。 国の物の時代が、より40歳(子宮は20歳以上である)であるときに、年度2007の胃などの5つの部分の受診率は約40%に残っていました。
調査はその相互扶助組合など健康保険組合に調査票を送ります、公務員、そして、企業の従業員が加わるグループのスタッフが、昨年の11と12月に参加します。 442の組合とグループから答えを得ました。
(国は部品に診察、保険契約者自身の有効性を認めました)。5つの部品の受診率に、41.4%41.1%40.9%の胃の36.0%の%の*肺の*大腸の*子宮の39.1*ミルクがありましたか?家族などの被扶養者は14.5で子宮で問題の人とミルクより特に低いリードを23.0%獲得しました。
それが約80パーセント連絡された診察費用負荷と個人に相談、部分を押したそれぞれの組合のアプローチでは、ガイドの通知は約90パーセントに達しました。 診察日のなどでの広い設定の装置は見られました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


抑制遺伝子確認、がん治療に期待 »
« がん治療の課題(中) 地域事情で独自の目標