がんと闘う母の前で長谷川“孝行パンチ”

がんと闘う母の前で長谷川“孝行パンチ”

ディフェンス。神戸。世界的に。記念。ホール。してください。バンタム級選手。タイトルマッチ。擁護します。穂積。一度。勝ってください。母親。勝利。しばらく。立ち上がってください。何回も。手渡します。打ってください。

祐美子は、約2年間癌にかかっていて、今、扱っています。 大腸癌などの2度における手術は受けられます、そして、これまで、それは今年、1月の肺の放射線治療のために3週間入院しています。 プレーヤーの長谷川は戦闘のスピリッツのお金がある入院費用を助けます。 祐美子: プレーヤーの長谷川に。 「また、私が一生懸命働いているので、それは一生懸命働いています。 あなたが何も心配できないので」それが前述の解決であったと言われています。
チャンピオン: リングに関して。 「神父と母親はさまざまに不安を保持しています。 それはしっかり良い形で勝ちました、そして、彼らは安心するようになりたがっていました。 」解決して、インタビューは答えられました。 癌と戦った祐美子が、全体の表面に微笑を広げました、「しかしながら、苦労を言いたいと思います」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の課題(中) 地域事情で独自の目標 »
« がん患者同士の「電話サロン」オープン