がん患者同士の「電話サロン」オープン

がん患者同士の「電話サロン」オープン

癌患者が電話で話した「電話客間」は出雲市で癌患者の概念で互いに12番目を始めました。 それは、毎月の後に2番目と4Thursdaysに午後2時から4時までそれを設立します。 「いつでもどこでも接続してください」があるメッセージを受信機から意気消沈する傾向がある患者に送ります。
多久は何年も前のsuizou) 癌と2度で操作を経験して、様々な場所の癌の客間の就任に関連する4をwakazukoします。概念。 ..(十二指腸癌とすい臓では. . (61) 体力と出かけるようになるのは地理的に難しく、癌の客間を訪問できなかった癌患者の声は聞かれて、電話客間の設立は私が、願望を聞いて欲しいと思いましたが、行動している間、殴られました。
それが完了していて、健康相談の客間ホールが松江市の松江生協病院で同居して、今、多久調和さんが相手になるということです。
「発表の協会」がこの病院にありました、そして、10人の癌患者が、設立の初日のこの日に集まりました。 乳癌は、展開して、以下の通りです。 4年前に屋内にじっとしている傾向があった女性で。 「iを取るのは全くもっとも、看護師がいつもそれを呼ぶのによる後部が与えた把持ですることができないでしょう。 電話客間を設立することによって生き残る多くの人々がいます。 」それは嬉しかったです。
どこで電話客間の接触を作るかは、0852・22・3217です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘う母の前で長谷川“孝行パンチ” »
« 前立腺がん検診70歳以上は無料 井原市、来月から