放影研:がん組織試料保存へ 広島4、長崎2病院と協力 /広島

放影研:がん組織試料保存へ 広島4、長崎2病院と協力 /広島

最近、日本-米国共同研究組織「放射線影響研究所」(実験の、そして、南の地区をhanakageする)は、外部の専門家が研究内容を評価した特別な議員を開きました。 この実験室は年度2009に広島都市の4つの病院と長崎都市の2つの病院と提携した被爆者の癌組織などの操作で取り除かれたサンプルを保存する計画をはっきりさせました。
放射にさらされている人々が、発癌時代に達すると若年期に予想されて、放射線被曝による癌死亡は、近いうちにピークになるでしょう。 放射線の影響を受け取って、癌がどういうメカニズムで発症したかはっきりさせたか否かに関係なく、癌組織などのサンプルを固定するのが重要であると判断されました。 標本の古いなどが将来遺伝子レベルに散逸して、サンプルを使用するのを防ぐことによって、それは病気の癌の外観のメカニズムなどの明確化を目的とします。
そのうえ、原子爆弾放射と心臓病との関係が示されて、因果関係をはっきりさせるので、プロジェクト・チームを始める研究は、高度です。
2放射線被曝世代までの影響調査が、将来4年あたり一度だけ意図した物理的な状態と1万4000人を調べ続けて、研究し続けていると言われています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


前立腺がん検診70歳以上は無料 井原市、来月から »
« 九州先端医療がんセンター:来月、経営会社を発足へ 3社から事業出資を受け /佐賀