九州先端医療がんセンター:来月、経営会社を発足へ 3社から事業出資を受け /佐賀

九州先端医療がんセンター:来月、経営会社を発足へ 3社から事業出資を受け /佐賀

県は、3つの会社(九州電力株式会社、九電工、および久光製薬)からのビジネスの投資を受け取って、11日にTosu市に工程表の炭素線を使用した粒子線治療施設「九州最新の医療がんセンター」(仮称)の4月に管理母親の身体の特別目的会社(SPC)を始めさせるという見通しをはっきりさせました。 民間による投資と貢献の合計は80億、上がっている最大100億円のExpectationですか? 県の幹部社員は県議会教育厚生常務委員会で答えました。
現在のところ投資を予想できるのは、県に従った単独で3つの会社であり、さらに人の手を上げる企業などを持っていません。 SPCはそれが数1000万円の首都のそばで出発すると思って、その後他の企業などの投資を得る間、増資します。
県の地図では、SPCは陸と施設を管理します、そして、それをセットアップする医療法人は、別々にセンターを扱います。 合計で150億円が予想されて、事業費は、県による財政を支持して、投資と貢献以外に遅かれ早かれ20億円をカバーしながら、融資による残りの金融機関からの企業などの130億円をカバーしています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


放影研:がん組織試料保存へ 広島4、長崎2病院と協力 /広島 »
« 15日に「がん撲滅へ」100円ラーメン