15日に「がん撲滅へ」100円ラーメン

15日に「がん撲滅へ」100円ラーメン

「研究するのにそれを使用してください」という品川の「それは見ることへの木陰です」販売貢献。品川区の「それは見ることへの木陰であること」が100円でラーメンを1年に一度勧めるラーメン店を経営して、「癌について研究するのにそれを使用する」お客様から「癌の研究振興財団」(中央区)、ことわざまでの販売と資金調達を寄付しているNobuko森下(76)。 毎年の3月に約15年間販売日は絶え間なく貢献の第3日曜日です。 100円のラーメンを販売します、今年の15の番目ものの正午に「店が続けられている限り、貢献し続けたいと思います」と言って。 (佐々木大輔)

木陰は1981年に見る際に開業します。 さん/さん できる森下は、腫瘍(腫瘍)であり、92で6時間の手術を歯茎に受けました。 癌は初めに疑われました、そして、苦しめられて、病気ですが、それが不安であったので、表面における操作が回復したということでした。
貢献は約94のそのような経験から始められました、「癌患者の数を減少させることによって研究するのにそれを使用して欲しいです」と言って。 弟は2年前に癌のため迷子になります、そして、癌の撲滅の願望はさらに強くなりました。
それは後援者に知られていて、資金調達に当日来ることができないお客様から達して、子供がさん/さんに小銭を寄付するということであることを来ます。 それがある森下の行為。 どの3000円が付けられたか、そして、不確実な差出人の手紙まで書かれた貢献、一昨年男性であると思われた筆跡によるも「それを使用につけてください」だけ、がありました。
小麦の上昇や、さん/さんなどの原材料費 森下は「今後、癌の撲滅を使用に少しでもつけること」で「100円のラーメン」に話します、もっとも、それは厳しい環境です。
200 当日、正午から午後6時まで食物は提供される予定です。 テーブルは店とそれの外に置かれます。ラーメン振る舞います。 この店は、24Oi4-12(TEL)と、3777.6646です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


九州先端医療がんセンター:来月、経営会社を発足へ 3社から事業出資を受け /佐賀 »
« 【健康】ゆがんで見えたら受診を 加齢黄斑変性症 早期発見・治療が重要