【健康】ゆがんで見えたら受診を 加齢黄斑変性症 早期発見・治療が重要

【健康】ゆがんで見えたら受診を 加齢黄斑変性症 早期発見・治療が重要

中途で欧米で視力を失う50歳以上の追求された堕落シンドロームは原因に情報を得ることである国を進めました。それはそうです。メイン… ..古い黄色が染みになる、(… また、患者の数が高齢者の人口の増加に伴う日本で増加して、食べることの変化が早期発見と処理で視力を維持できて、その人が改良を予想するので、専門家が呼んでいる欧米などに着せられる、「ものがそれを歪めて、得るとき、自覚症状を持っている人が、医師に相談して欲しい、」 . まず眼科(Yuko平沢)

「隣人と共に通っても、それは、だれであるかを理解していません。 ‘きちんと止められました’ように思えたかどうかが、ある期間の間、ものすごく心配しました。 」。70代の東京に住んでいる男性は、そのように加齢黄斑変性症シンドローム患者としての心配に言います。
奇形の血管、ある「黄斑」では、問題などは起こっています。 , そして、視力を統治する網膜の中心部では、病気です。時代が関係づけた重大な視力低下を…引き起こして、黄斑degenerationThereがものを歪めて、それ、およびそれを得る暗黒への中心部に見えるのが到着しそうである自覚症状である、「社会的である、」 視点におけるセンター部分のどんな見られた視力も急減して、それがいつ重大であるかを見たがっていない人の視力を失ってください。
ミツコ湯沢日本大学医学部(眼科)教授は通院患者の現実を指します、それを言って「新聞を読むことができない人の顔を認めることができないで、QOL(生活の質)が人ですが、しばしば低く日常生活に干渉する、白内障や緑内障などの他の目の病気よりさらに」

涙する(shinshutsu)タイプと呼ばれる加齢黄斑変性症は、1998年の福岡県の久山町の居住者のために意図する研究で50歳以上の0.67%の人口でしたが、1.2%とそれは19で倍増します。 男性は女性の3倍に上がりました。
3の「喫煙」、「青い太陽の光」、および「食事」が関係づけられて、それが湯沢教授であると言われています、詳細な原因が理解されませんが、「「反-酸化」効果があるルテイン、ビタミンA、およびCの取入口が防止に通じるのが理解されるので、明確にこれらの食物を取って欲しいです」と言って。
処理はこの数年間でも大いに変化しました。 現在の主流である光線力学療法と呼ばれる治療法で最近始められて、言われていて、また、視力維持が主な目的でしたが、硝子体(shoushitai)を注入する治療法で視力の改良を予想できるそれがケースがいるということである血管新生を抑圧する薬。
福島の県の医学としての大きい飯田shihiroshi同じくらい教授(同じくらい上で同じ)「早期発見と処理は、兆候を悪化させないように重要です。 線がぼやけて、センターがひずみであり、得て、医師に相談して欲しい、眼科、早めに思うとき、見る方法がそれのように奇妙であることがそれが部分的に欠けているように思えます。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


15日に「がん撲滅へ」100円ラーメン »
« 炭素線がん治療事業主体会社 九電、九電工、久光が設立 佐賀、用地買収や施設建設