炭素線がん治療事業主体会社 九電、九電工、久光が設立 佐賀、用地買収や施設建設

炭素線がん治療事業主体会社 九電、九電工、久光が設立 佐賀、用地買収や施設建設

久光製薬)(Tosu市)は4月に事業主体になりました。特定目的会社(SPC)である、どの3つの会社、(九州電力株式会社、九電工、(両方、福岡市、)、11番目、佐賀県Tosu市への高度な引き付ける最先端の炭素線癌の治療施設「九州の最新の医療がんセンター」(仮称)がはっきりさせられたことを心配している県では、設立されたか; 九州における最初の炭素線癌の治療施設は、2013年春の始まりが向けられて、動き始めました。
3つの会社が、計算を1000万円投資して、県によると、SPCを設立します。 SPCはサイト購買と施設工事を進めて、処理を担当する医療法人に土地建物を賃貸します。 佐賀県は、九州経済界から20億円の総事業費に150億円を産出して、130億円が上げる残りに投資と貢献を産出して、金融機関から融資を要求します。 民間の投資と貢献で8,000,000,000-10,000,000,000円を保証するのは、考えです。
プランでは、患者の数は1年あたり800人を予想しながら5年目のターンアラウンドを開くのを目的とします。
炭素線癌の治療は、癌細胞から体外照射で外科手術をせずに殺すために最先端の医療で国での2つの処理を含んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【健康】ゆがんで見えたら受診を 加齢黄斑変性症 早期発見・治療が重要 »
« 前立腺がん検診70歳以上無料