肝がん予防、野菜は◎ 果物は△

肝がん予防、野菜は◎ 果物は△

多くの野菜を食べる人は、少しの人と比べた肝臓癌が反対に、厚生労働省で果物を取り過ぎて、展開するという危険が40パーセント下げますが、グループ(=津kaneshouichi主任研究者**と国立がんセンターの防止調査担当重役)調査のものについて研究するように高さによってわかったという危険を改良する可能性であることがわかります。
研究グループは40歳の約2万人の男女のように追跡調査です–約12年間の69歳。 「「小さいこと」の3つのグループに分割して、病気の肝臓癌外観との関係が「多く」の間、調べられた、「野菜と果物の取入口の量に従って」
約100人はこの期間肝臓癌になりましたが、グループの肝臓癌の野菜取入口「多く」攻撃率のものは「小さいこと」のものより約40%低かったです、そして、80パーセントはBタイプかCタイプの肝炎ウイルスに感染していました。 他方では、攻撃率は果物取入口「多く」のグループを「小さいこと」と比べて上がっている45%待ちました。

多くのビタミンCで、それは、肝臓癌防止動作が緑黄色野菜に含まれた多くのカロテンに確認できましたが、果物への肝臓癌の危険を改良するために傾向がありました。
肝炎を引き起こす鉄分の吸収を助ける動作がビタミンCでもあるので、攻撃率は上昇するように思えます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


佐賀の炭素線がん治療施設 事業主体のSPCを4月に設立 九電、九電工、久光製薬の3社 »
« 6臓器取り出して腫瘍切除成功 日本の医師ら米の7歳女児に