菅原文太さん主治医に聞く最新「膀胱がん温存療法」

菅原文太さん主治医に聞く最新「膀胱がん温存療法」

また、ボディーへの負荷は減少します。俳優とラジオ番組が(75)を実行している間に先月の膀胱癌の打ち勝つことを明らかにしたbunfuto菅原。 通常、進歩膀胱癌の場合にぼうこうを取り除きます。 しかしながら、それは「ぼうこうキープ処理」です。 「bunfutoは今回を選択しました。」 もっとも、どんな1つがそれであるかは世界中で新しい治療法を示しましたか?

「進歩程度に依存する癌にはステージがあります、そして、ある適切なステージの処理としてそれを比較するとき、予後はぼうこう取り外しとキープ処理で変化しません。 私たちの研究結果では、それは明確です。 」それは、話すために筑波大学付属病院でbunfuto、および英之Akazaサブディレクターの処理を担当するこの処理のパイオニアです。
処理は初期段階であれば処理で膀胱癌のように内視鏡で終わります。 しかしながら、”T2″(筋層浸潤がある1)と”T3″の舞台に到着する、(組織による浸潤、ぼうこう周辺機器) 早い膀胱癌が表面を作ったとき、ぼうこうの(表皮)は、進歩をして、それは表皮の下で筋層に達します。 すべてのぼうこうを取り除く処理をします。癌の、現在「T2T3」と診断されるとサイズにかかわらず最初の選択。
腫瘍はbunfutoのための約3センチメートルです。 ぼうこうの全体のtsu操作は一般的な選択でした。 しかしながら、キープ処理がそのサブAkazaディレクターであったならば来て、ぼうこうおよび持つことの損失で疑問を感じている、するのがありました、その「それは生活でそれで良いですか?」を言って。

【90%以上に打ち勝ちます】

サブAkazaディレクターのグループが処理と長年の研究をして、それが約3の”T2″”T3″でさえ処理を保つぼうこうを適用できるのが理解されて、癌の直径は分かります–他の内臓とリンパ節の上に転移が全くないときの4センチメートル。 そのうえ、また、膀胱癌の打ち勝つのは、非常に高い90%以上と回復結果です。
ぼうこうを取り除くとき、構成とリハビリテーションなどの患者にとって、負荷は新しい尿路で大きいです。「予後が良い処理であれば、それは、ぼうこうを残す非常に重要なものであるかもしれません。」

そして、処理を保つぼうこうは、どんな1つですか?

まず、表皮の膀胱癌は内視鏡で処理でできるだけ切除されます。 次に、直接カテーテルと膀胱癌だけでぼうこうに駆けつける動脈に抗ガン剤を入れる「抗ガン剤動脈での注射」が、同時に、「放射(陽子線)」で目標に扱われます。 約6週間の処理の期間。 「痛みはほとんど感じられませんでした」と言って、それはbunfutoに関して話します。 日本だけではなく、それも言われています。世界中の新しい治療法。
「それが施設にもあるので、陽子線が全くありません。 したがって、それは、現在普通の放射のためさえできる処理を保つぼうこうの研究を唱えて、それを広げたがっています。 」

これまで、 件数、: 約100。 この処理の注意は将来bunfutoで「リターン生きるところ」で上昇するように思えます。
【血尿を逃しません】

膀胱癌への独特の署名があります。 1つは血尿です。 「医師を疑って、相談してください、血尿がどんな兆候のためも見られないときの膀胱癌、」 「(サブAkazaディレクター)。」 膀胱癌による血尿が2、3日、傾向があるのに決着する、見える、「回復され」て、落とし穴はそうです。 残っているなら、癌は進歩をします。 自己にそれを判断しないでください。
そのうえ、それは、病気の3 4時間外観が危険にさらす喫煙家によって言われています。非喫煙者より高く、それは一般に、50代より容易に膀胱癌になると言われていますが、また、発生の時代を繰り上げます。 40代のヘビー・スモーカー: 注意。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


6臓器出して腫瘍切除成功 米7歳児に日本の医師ら »
« がんサロン:もっと楽しく、患者による患者のための あす神戸に県内で初開設 /兵庫