がんサロン:もっと楽しく、患者による患者のための あす神戸に県内で初開設 /兵庫

がんサロン:もっと楽しく、患者による患者のための あす神戸に県内で初開設 /兵庫

苦しみ減少に
癌患者と家族は、11日に「簡単日本の癌の協会(rakkai)」(事務局と神戸市のNada区)が県の外の癌患者から作った市民団体のように神戸市の中央区での交換を深める「癌の客間」を開きます。 それは音楽の鑑賞で閉じます、そして、などと変換と混雑している傾向がある人生を見分ける伝統的な落語は、未来の1カ月に一度支援されます。 県では、Takeshi中原(74)議長を癌患者でセンターになる客間に関係者を募集していて、初めて交換します、「より幸福に生きるとして癌患者に電話をしたいと思います」と言って。

「簡単協会」に従って、癌患者の交換客間は病院の施設を含む島根や広島などの18の管理部門で既にセットアップされました。 それ貴重。 ..(shunkiにおける4階にそれをインストールする、) 「地方版として、建てます」。「簡単協会」 神戸市の中央区3の町の親王3の春に今回、タイプしてください。
患者の家族、医療をサポートする人、およびボランティアは4月の我慢強い「簡単協会」と同様に07年間それを設立します。 去年の9月に名前を変えました、そして、75人は、現在、宮城と鹿児島などから参加しています。 情報が癌の医療などに関するミーティング以外に発行される交換が保持されるというニュースレター。
それが中原議長が前立腺癌と共に05年であることを理解して、既に作動できない状態であったので、ホルモン療法などをします。 中原議長「通知で’あなたは、すぐ、死ぬこと’が、それが苦痛になって、言われるなら絶望的になる多くの人々がいて、男性ですが、いつか、死にます。 正確な情報が共有されて、近くなるように近づく人がいれば、心身の痛みは和らぎます。 」それは話します。 それはボランティア参加を学生に求めます、そして、「患者だけではなく、あなたが欲しいのですが、癌に関する知識、および自らの癌予防を習得することへの繋がりと知り合いにもそうします」という予想されていて、ことです。

客間の参加は無料です。 それは、毎月における第2水曜日の2–4時午後にそれをつかみます。 それに11日にジャズピアニストの安藤義紀に関して性能と医療に関して相談します。 「簡単協会」は、患者の絵と写真などにおける仕事展示会が開く計画をして、6月に27と28の両日に展示会仕事を募集します。
問い合せ: 中原議長(078・958・8415)に。 【yoshikawaosusaku】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


菅原文太さん主治医に聞く最新「膀胱がん温存療法」 »
« ミーアキャット:人気者「ドキン」がん闘病中--宇都宮動物園 /栃木