大豆:女性は食べ過ぎないで 乳がんリスク減も肝臓がん危険性高まる--厚労省研究班

大豆:女性は食べ過ぎないで 乳がんリスク減も肝臓がん危険性高まる--厚労省研究班

多くの大豆製品を食べる女性は、研究グループの厚生労働省(主任研究者と津は**と国立がんセンターの防止調査担当重役をkaneshouichiする)のもので4 3、時間へのとても多くの上昇を食べない女性と肝臓癌を比較させるというその危険に大規模な調査を見つけました。 大豆に含まれていたイソフラボンが、乳癌の危険を減少させるのが知られていて、研究グループは、「適度に食事をやり通すのは良いです。」と仮定します。

研究グループは93?05年間6つの県の約2万人の男女(40–始まるときの69歳)の健康状態につきまといました。 101人(69人の男性と32人の女性)は肝臓癌にかかりました。 どのくらいの大豆食品がアンケートで食べられたかは尋ねられました、そして、2つの要素のイソフラボンの取入口と病気の外観との関係は調べられました。
その結果、それがおよそそうであった、3.2、3・9、取入口とリスクとの関係が女性(この豆腐40グラムと1/3未満nattoパッキングより少ない)だけによる肝臓癌でしたが、はっきりさせられて、ほとんどの取入口(80グラムを梱包する2/3以上nattoかそれぞれ一層の豆腐)をもっている群衆が得る最もわずかな危険で群衆のリスクを調節してください。
倉橋に従ってイソフラボンの分子構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ている、10、; e、そして、研究グループの国立がんセンターの予防研究部分研究者。 エストロゲンは、乳癌のリスクが改良されていますが、肝臓癌における予防処置であり、イソフラボンの過剰摂取がそのような動作を擾乱するという考えです。
倉橋の研究者「肝臓癌の最大の危険因子は、Bタイプと、C型肝炎ウイルスです。 感染の存在が最初に、女性がないかどうか調べられて、感染が理解されるなら、私は、あなたのために注意の取り外しへの大豆製品が欲しいと思い過ぎます。 それが感染しなくても、過度の取りによってそれに注意し過ぎるのが、必要です。 」それはそれを指摘します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ミーアキャット:人気者「ドキン」がん闘病中--宇都宮動物園 /栃木 »
« 次の投稿へ