メタボは肝がんリスク高く イソフラボンも関連か

メタボは肝がんリスク高く イソフラボンも関連か

厚生労働省であるときに、研究グループ(主任研究者津は**国立がんセンターの防止調査担当重役をkaneshouichiする)は、疫学調査で肝臓癌の簡単さに関連した要素を分析して、危険は上昇して、それが肥満と10日にメタボリック症候群を引き起こした高血糖であったときに、大豆食品に豊富に含まれていたイソフラボンの取入口が関係する可能性は女性ではっきりさせられました。
研究グループ「癌のシンドロームの例がわずかであり、結果がすべての人々に適用されるとまだ言うことができません。 しかしながら、肝炎ウイルス感染者を、だれがライフスタイルについて調査する参照になる際に肝臓癌患者の約80パーセントを占めますか?」それはそれを作ります。
調査は40歳の約2万人の男女を追跡します–高々1993年の2006年までの新潟などの6つの県69歳。 その間、102人(67人の男性と35人の女性)は肝臓癌にかかりました。 肝臓癌の危険は3.4の要素でメタボリック症候群を引き起こした高血圧などのような5合計の要素との関係が調べられたとき、太りすぎ(肥満)の、そして、高いレベルの砂糖が継承に入ったとき要素を持っていなかった人と比べて増加しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


株式会社メディネット »
« 杉原、がんの放射線療法を断念