がんを生きる:/30 学校に行きたい 級友の支えで闘病 /大阪

がんを生きる:/30 学校に行きたい 級友の支えで闘病 /大阪

それは入院の目的地に卒業式に出席します。いすに座っていて、松葉杖を持っている間に余地のカメラVサインを示している少年。 眼鏡の内部から好奇心までいっぱいにされた生徒は、それを除きます。 あなたが癌で死なせた谷口友人(yuuto)は7月、’この写真が撮られた約3カ月後の06′における摂津市=と等しいです。 中学学校の12年ものの一年、その時。 それは願望がある天国へ呼び出されて、密接に「学校へ行きたいと思うこと」を抱擁してありました。
-   -

2月、’その5年間小学校で病気になる05′にはそれがあります。 今となっては考えたなら、始めは頭痛でした。 その後、右足の根は膨らみました、そして、それは「どのように」の場合に尋ねられたか、しかし、想像は付着しませんでした。「これ、あなたが考えるか、」 ..hahatomomare(43)…
取り適用の診療所の医師が、膨らんだ部分を見て、ピンで「あなたはこれを休息にするべきです」よう命令する、来ました。 彼女は、その時しました、そして、友人が何であっても容易に疲れるようになったか、または家族は「それは理由であるかもしれません。」と心配しました。 そして、それには、2月21日に忘れられなかった医師からの通話がありました。 「すぐに、入院してください。 それは、1人の母親によって保持され終えることができるものではありません。 」

それは大阪大学病院に入院します、そして、病気の名前は最終的に理解されます。 “. 筋肉のようなボディーが柔らかく、それが展開する部分に起こる癌のため約70パーセントは10歳未満です。 友人にとって、状態は今回既に重い「ステージ4」でした。 抗ガン剤処理は、残りが大急ぎで付着するのが、可能でなく、それによって治療法がわかりましたが、始まりました。 ショックは恐れられました、そして、それは問題の人、「癌」によって言われませんでした。 鼻血は口に流れました、そして、噴き出しました、そして、他方では、足は膨らみました、それのために苦痛であり、売春婦にほえられたので泣いて。
「それ、ママ. それを助からせる、ママ、助ける、」友人は、真夜中、3月4日に声を提起しました。 「ぶっとばしてください」という前述であり、ことでした。「ママに助けてください。」, そして、であることができる存在。まれな友人密接に抱擁するのによる勇気。 人生は困難でした、そして、友人のまれなkoはその時部分として母子家庭で兼任しました、そして、それは生計を立てました。 まさに、それは家族全員で厳しい現実に立ち向かいました。 それでも、最も勇敢に戦ったのは、友人自身でした。 腫瘍(腫瘍)摘出手術は16時間の6月、および11月に20時間非常に耐えられました。 それでも、「癌」はボディーの内部にまだ残っていました。
友人と学校の接続は病気に対する戦いで姿を消しませんでした。 誘発されました、そして、卒業式に出席しました、そして、呼んで、小学校のこの学年の子供が呼んだとき「それはそうでしたその「看護師になることを作るのを指名手配中であり、将来Iのために患者をする私」を言って、それは夢に関して医師と車椅子の出席のオリジナルと話しました。「一緒に卒業」、ビデオ手紙で。 許可からの行くことを中学の入学式に得ました、そして、それに出席しました。 したがって、「学校に通いたいと思う」友人からのメッセージは級友の心に彫られました。
それは病気と闘います、そして、数個の時間に分割しながら未来と家族まで歩くのにつながった谷口さんの友人に関して支持する学校との接続に関して、報告します。 【Takashi福田】 =は続きます。
-   -

毎日新聞大阪社会事業団は幼児の癌の征服圧力資金調達を受け入れています。 〒530–8251、(不要である、アドレス) 郵送における毎日新聞大阪社会事業団か振替(00970・9・12891)。
==============

意見と普及: 毎日新聞大阪支店(06・6346・8444をファックスで送っていて、 at‐osaka@mbx.mainichi.co.jp にメールする)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


人気者ケニアボンゴのガンコ死ぬ/横浜 金沢動物園 »
« 患者と家族の苦痛やわらげよう 医師らががん診療緩和ケア研修会