患者と家族の苦痛やわらげよう 医師らががん診療緩和ケア研修会

患者と家族の苦痛やわらげよう 医師らががん診療緩和ケア研修会

癌の治療の初期段階の緩和剤の注意は適切なする「医師へのトレーニング協会が癌の診療にかかわった緩和剤の注意」は7のために開かれました、そして、**福知山市の県の内面の労働者福祉ホールの両方のdayssは8が開かれました。 北部分、および深められたものの知識のまた、医師だけではなく、看護師と薬剤師によってもチームにおけるするのから入れられて、医学の121人で参加したパリアティブ・ケア。 県の医師の県と協会としてそのようなものを後援します。 

そして、癌患者の多くが、痛みがそれであると主張する、ボディー、精神病患者は当時、癌と診断されて、また、家族は様々な苦しみをつかみます。 次に、パリアティブ・ケアについてがん対策の基本法則の承認を受ける「がん対策販売促進基礎プラン」に位置して、昨年重点課題として決めました、そして、癌の診療にかかわるすべての医師が10年以内にパリアティブ・ケアに関する知識を習得できるように、目標にそれを固執させます。 
苦痛を与えますが、また、ボディーだけが精神と心理的な苦痛に気にかけません。トレーニングutsuu) 治療法を好きであり、困難と消化器症状を吸い込んで、初日滞在することにおけるパリアティブ・ケアなどの講演は、含まれて、ありました。WHO方法癌の痛み、(…
午後にグループ策略と場面を仮定したロールプレイングは、放射線療法と精神病的発現を2日目に好きであることなどの講演に続き終わっていました。 
操縦が患者、御馳走で評価して、処理を定めるグループ。 その上、ロールプレイングは、ドラッグはいつ「どう芽のニュースを伝えること」に関する集団討議を定められて、通過されたかを患者に説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/30 学校に行きたい 級友の支えで闘病 /大阪 »
« メディアが癌(がん)患者の治療法選択に影響を及ぼす