男性不妊が精巣癌(がん)リスクに関連

男性不妊が精巣癌(がん)リスクに関連

睾丸癌(癌)の危険が合衆国の研究グループで不毛の男性にとって高いと報告されました。
この研究では、1998年に1967–不妊治療のため医師に相談した2万2500人の男性か一層のカップルのデータは分析されます、そして、癌登録データは調べられます。 34人の男性、このうち。睾丸癌1年以内に相談を開発しました。 展開するというリスクは不妊治療のため睾丸癌のような計算の結果、医師に相談したカップルの男性の同じ年齢層の一般的なグループの男性の1.3倍でした、そして、他の男性と比べて、疾病リスクの外観が2.8回であったのは、不毛の要素が男性側にある男性を出しました。 この研究は結局のところ、米国薬の雑誌「内服薬のアーカイブ」2月23日で発表されました。
処理のsterilitas virilisかどちらかが睾丸癌を引き起こす可能性がこのデータの解釈として調べられましたが、可能性が全く存在しなかったと結論づけられました。 「不毛の基礎と睾丸癌への一般的なエクスポージャ・ファクタがあるという説明は適切であるかもしれません。」と、トーマスJ.ウォルシュ博士はshiのプレスリリースで説明しています。 共通の利害は言われていて、環境因子の考えか損なわれたDNAが(小領域の遺伝物質の損害への生体反応の誤差)を修理するということですなど。

睾丸生殖細胞腫瘍が増税30–50の今年より遠くに先進工業国で青年によってたいてい見られた癌と、病気であると言われています。 精液と男性のmigomohara(道)キャラクタの品質の減少は同期の間の工業国で認められます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


メディアが癌(がん)患者の治療法選択に影響を及ぼす »
« 緑茶中の化合物はボルテゾミブ(ベルケイド)を阻害する