がん予防を女性が学ぶ 神戸でセミナー 

がん予防を女性が学ぶ 神戸でセミナー 

日本人の婦人科医などのように協会を後援することの「母親と娘による健康なセミナーを学習されるように女性の健康でして、人生で」は6日の神戸市の中央区の県の医師のホールでした、そして、約180人は参加しました。
「女性の健康週」(1-8)によると、それはそれをつかみます。 女性の癌の注意などに関して話された医師

女性が1日の周りで出生や、更年期障害や、それのような特有の症状を健康を学ぶために重要にした厚生労働省健康な局の将憲西山が電話をした局の元指導官。
日本の婦人科医協会の鈴木光の常務の指導官は10代の病気の数個の外観が悪化させた子宮頸(Kei)癌を発表します。 診察の受診率は20パーセントのレベルで低く上告されて、「また、友人と子供に、医師に相談することを勧めて欲しかったです」。

「非常にエネルギッシュで、欲しく、知り合いに調べることを勧めたいと思います。」と、神戸市のNada区のSachiko主婦柴田(40)は話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


緑茶中の化合物はボルテゾミブ(ベルケイド)を阻害する »
« 人模様:がん再発に負けない本出版--小倉恒子さん