人模様:がん再発に負けない本出版--小倉恒子さん

人模様:がん再発に負けない本出版--小倉恒子さん

乳癌は34歳のときに見つけられます、そして、左の胸は切除されます。 それは、ぶり返しによる全身転移と繰り返された出発です。 癌の発行された「乳癌の女医が提示した乳癌が、再発した(しません)人のうまいレシピ」(主婦の友社と1155円)として「共存」をした千葉県の松戸市の鼻と耳ののど(のど)の食料とTsuneko小倉(55)。
ぶり返しは47歳です。 それは病気で破られました、そして、無力でした。 それは気付かれて、同時間、および含まれている様々な情報における「病気記録に対する多くの戦いがありますが、ぶり返しのための情報は少しであり、薬は癌の先発に関する本であったこと」が本で治療法、副作用測定、構成の芸術、およびリラックス法などが好きです。
それはそれがサブディレクターとして勤める両親の家族における診療所以外に月曜日から土曜日まで合計で薬の外の来るとしての市立病院などの3つの病院に働いています。 金曜日に、午後は抗ガン剤処理に割り当てられます、そして、仕事は1日にさえ体を休めていません。 それは40歳のときに離婚します。 2人の子供を育てます、そして、趣味の社交ダンスで汗を1週間の一度送ります、そして、流し台とブログは叫び声を患者に送ります。 「そこ、処理は進みましたが、人々が多く絶望的です。 私の経験が人の燕麦のにおいをかいで、先で上級のガイドになるなら」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん予防を女性が学ぶ 神戸でセミナー  »
« 警察車両に石で傷 県立がんセンターの臨時職員逮捕