【女性の体を守れ】(4)がん検診 個人に行き渡るシステムを

【女性の体を守れ】(4)がん検診 個人に行き渡るシステムを

「ライムは、大いに胸の上の作られた部品のものです。 徹底的な検査を受けてください。 」

5年前に結果を聞いて、オフィスの健康診断を受けた女性(58)が、驚いていました。 癌の可能性がある石灰化、も乳癌の早期発見のための役に立つ胸部X線写真診察で、見つけられました。 徹底的な検査における操作における癌でそれを切除するのは、非常に小さく、分かりましたが、可能でした。
胸部X線写真診察は、含まれないで、女性が受けた健康診断で任意でした。 「それは怖くなりました、そして、父親が末期ガンに苦しんだので、適用されました。 それが悪くはありませんでしたが、オプションで見つけられる癌の体格検査」女性は解決を変えます。
日本で増加する乳癌死亡率は、かなり、そうです。先の欧米諸国における減少傾向で。 各国の死亡率が比較されたグラフが見られるとき、乳癌死亡率はヨーロッパとアメリカより少ないのですが、日本は、そのような事実を理解しています。
死亡率は、1985年頃にピークに達した後に、合衆国とイギリスの減少にそれを変換します。 胸部X線写真診察が始められた時に同意する、時点、後で少しに見え始めた、診察の効果。 米国とイギリスの2つの国の受診率は70パーセント以上達しますが、日本は約20パーセントで滞在しました。
しかしながら、「受診率の低度だけに注意を向けますが、組織的管理が日本の癌の診察に必要です。」と、国立がんセンターの癌予防と診察リサーチセンター診察研究一部のHiroshi斉藤ディレクターは強調します。 日本とすばらしい死亡率の減少に成功する欧米諸国において全く異なった呼ばれた「組織型診察」であるシステムがあると言われています。
(1)の有効性がだれから精度を確立したかという癌の診察だけをするすべての(3)物の人々に送られた通知は、システムの柱のように(2) 徹底的に管理されていますか、そして、それを受け取らないとき、斉藤ディレクターによると、奨励は繰り返されますか?Itは、それが3であるのにもかかわらずの、また、日本の(1)に不十分な状態で飲まれているという事実です。
診察の有効性が世界中であると立証されて、働いているのは、3(乳癌、子宮癌、および大腸癌)だけであると思われて、これらの診察で国をほとんどの欧米諸国で数え上げます。
「欧米諸国は、有効性が立証されないという診察を含むのによる結果を出すことができない日本と比べてそれを調べて、合理的に集中的に死亡率を下げるという目標の達成に緩く行く予定です。」 「(斉藤ディレクター)。」 罰則などのような合法的な治療は組織中です。胸部X線写真診察、徹底的でない、そして、取られた国があります。系統的な相談推薦のシステムに関して、約70パーセントの乳癌診察受診率を自慢するイギリスの例は分かりやすいです。 乳癌診察の通知は様々な場所の「相談奨励センター」を通してイギリスで診察施設から物の人まで3年に一度出されます。 さらに、「QA(精度管理)センター」は定期的に徹底的な検査が必要ななどが調査されるということである物の人に相談奨励センター、および再調査の要求を入力します。 それをいっぱいにしないとき、それは、それを誘導します。
しかし、どんなそのようなシステムも日本にありません。 ディレクターの斉藤「実行対象である市区の町と村のレベルにおけるそのようなシステムが受診率を改良するのに必要です。 それは、それのために国にがん対策の重要な柱に診察の徹底を置くために望まれています。 」それは解決されます、そして、考慮の変換は要求されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


警察車両に石で傷 県立がんセンターの臨時職員逮捕 »
« 公開講座:8日に県庁で緩和ケア講座 /秋田