公開講座:8日に県庁で緩和ケア講座 /秋田

公開講座:8日に県庁で緩和ケア講座 /秋田

癌に従って心身の痛みを和らげる医療があるのを知っても、県と県の戸外の県のパリアティブ・ケアの社会のオープンな住民は、8日の午後1時30分に二次的に、県庁大会議室で役所ビルにおける8階で「あなたはパリアティブ・ケアを知っていますか?」について講義します。
パリアティブ・ケアは癌の診療のためのベース病院のための規定要求事項になります、そして、ケアチームの設立は重病アカデミーの周りで広がりました。 県のパリアティブ・ケア社会の丹羽誠意議長は市の横手病院サブディレクターでこれらの県の現状について講義します。 公開討論会では、それは病院のShigeru加藤、ホスピスの長さ、および市の秋田総合病院パリアティブ・ケアのリーダーTakahiro Hashizumeが組にするgaiasahikawaなどの病院、ホスピス、および在宅介護などの医療サイトに緩和剤の注意を打つ医師と看護師の声を聞きます。
それは適用されます、そして、それは不要です、そして、参加は無料です。 問い合せは、県の医務のドラッグの化粧品の、そして、医学の器具セクション調整と医療班(018・860・1401)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【女性の体を守れ】(4)がん検診 個人に行き渡るシステムを »
« 琉大病院小児科:骨髄移植責任者の医師退職へ