琉大病院小児科:骨髄移植責任者の医師退職へ

琉大病院小児科:骨髄移植責任者の医師退職へ

医師は人です3月の終わりに退職する琉球大学付属病院の小児科に従った骨髄移植担当の人が6番目を理解していたとき、役立つ。 結果を持っている医師を安全にすることの見通しは調べられません。 小児癌患者を弁護するkaiokinawaブランチを代表しているmatsurigotonin片倉「移植を待ち続ける患者は、それが不安であると考えます。 それがそれを移植する県の外の助けの行くことをそうすることができない状況になるとき、患者と家族心的緊張で経済的であるのは、多大です。 」病院への懇望は処理が容認されたなどであるヘルス・ケア・システムの言葉のメンテナンスのために安心について調べられます。

**骨髄移植推進財団の評価を受けたアカデミーの重病だけ: 非kinsmansの間で骨髄収集と県の中で骨髄バンクを通して移植できます。 「医師の安全にすることに挑戦したいと思います。」と、この病院の総務課は説明しました。琉球新報の適用範囲。
この医師が県の外で医療施設から到着する、4月のその人のポスト、2006 この医師は合わせられました、そして、26(非kinsmansの間の1回)移植手術は年度2008に4人の移植チームで実行されました。 県の外の病院での仕事は来月からこの医師に決められるでしょう。 1月の終わり現在この基礎に従って、県の骨髄移植応募者は13人です。 それが県の骨髄銀行を支えるミーティングの入り江の州のTomio代表「より多くの患者が県の中で扱うことができるシステムは、期待されます。 豊富な経験を持っている医師は、良いです、そして、不在の状態が続くのは、十分ではありません。 」..関心を述べます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


公開講座:8日に県庁で緩和ケア講座 /秋田 »
« iPSマウス、1年後6割がんに 京大・山中教授が報告