iPSマウス、1年後6割がんに 京大・山中教授が報告

iPSマウス、1年後6割がんに 京大・山中教授が報告

山中いいえ**と京都の大きい教授は5日での日本医療社会の再建のときに約1年後に癌に関連する遺伝子を含んでいると癌がかかられた4つの遺伝子から作られた人工多能性幹細胞(iPS細胞)に基づいた生まれたマウスのその約60パーセントをはっきりさせました。
6月に論文で生まれたマウス、’07は、マウスの胎児の皮膚に4つの遺伝子を取り入れて、ベースのiPS細胞を作ったために、それに関して、腫瘍(腫瘍)がそれがそうすることができた約20パーセントに報告していると仮定しました’。 発癌率は1年後の学術団体における60パーセントへの上昇であると思われました。
癌に関連する遺伝子「c?Myc」を除いた3つの遺伝子からさえiPS細胞を作ることができますが、成功率は1/100になります。 山中さんは話しました、そして、「存在の場合にではなく不完全なiPS細胞になるのが、簡単であったので、c?Mycは本当に悪者でした、そして、c?Mycは癌を引き起こしましたが、研究がまだ必要でした」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


琉大病院小児科:骨髄移植責任者の医師退職へ »
« がんペプチドワクチン療法で中村祐輔氏が講演