【集う】NPO法人キャンサーリボンズ「がん支えあいの日」記者発表会

【集う】NPO法人キャンサーリボンズ「がん支えあいの日」記者発表会

- 日本財団東京と貯水池山王

「癌」では、2か3人の日本人という約1人が掛かっているのは、なじみ深い病気です。 「NPO法人、「」 (東京中央区)が新たにシンボルの歌をしたKyansa-ribonzu」、「あなたのため重要である、hitogotoでなかったこの病気が理解されて、患者と家族を養うことができた社会を目的として、マスコミに知らせた、」
歌と構成にKuniko山田を書くという告発を取ったテレビタレントが、2007年に乳癌に苦しむ経験を持っています。 「それは家族や、教師や、友人などの様々な人々によって支持されます、そして、病気は回復します。 それは、四声コーラスでそれを歌って、目立ちたがっています。 」それを作りました、そして、それが働いていた’スターの混ぜられた声のコーラス’は自発的に導かれました。そして、それ。リーダー現れました。
また、**村井国の夫のKaibaraめぐみ、Mikiko音無を支持した夫の歌手、およびまだ約20年前の乳癌から他に苦しんだ女優の病気に対する戦いはホールに走りました。 それはスプリングを考えるメロディーピアノへの優しい歌声でそれを一緒に歌います。まとめます。 , その「繋がりの心」を言います。 マイクは耳と心に残っていたメロディーによって回されました、そして、それも本能的にハミングしたジャーナリストがいました。
コーラス、活動の後、「Kyansa-ribonzu、」 導入しました。 Reiko) 副社長あなたは重要です、それが素晴らしい単語です。**ko、佐藤、(. . 医療のために、失った兵庫医療大学(神戸)に関するディレクターが癌に支払われるべきものを母として育てるとき抗ガン剤の副作用で髪を離れた患者にかつら(ヘアピース)を提供するアプローチを導入する、「Because、私の身体の気持ちで心に心を縛って、明日を癌」Withの上で上告を得る社会にしましょう。
他方では、岡山恵子サブ理事長は、6月21日が夏至に「癌の日はお互いを支持する」ようになるように当たったと仮定すると発表します。 癌が、季節がこの日を境として変化できるように人生における転機で捕らえられて、呼ばれて、「の癌患者生命維持がそれを支持した、社会全体、および日に動作に動かされた、お互いである、」

ミーティングのシンボルが虹彩の花である、だれのもの、「あなたは重要です」は花言葉です。 虹彩が今年咲くとき(孟夏)、「癌の日はお互いを支持する」記念出来事は保持される予定です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんペプチドワクチン療法で中村祐輔氏が講演 »
« がん対策推進計画:県が策定へ /奈良