肺がんに新たな「目印」 金大、恵寿病院チーム 特殊な抗体発見、特許を出願

肺がんに新たな「目印」 金大、恵寿病院チーム 特殊な抗体発見、特許を出願

総合病院(七尾市)神経学部の長さが高く5日の早い進歩であり、悪性が「肺の小細胞癌」ですが、患者の特別な抗体を発見したmeguhisashiのお金の大きい健康管理広いセンターと高医師Marutaの吉川博暁教授などの調査チーム。 抗体の存在に関して、簡単な血液検査で区別するのが、可能であり、肺の小細胞癌の早期発見のための役に立つ可能性は腫瘍(腫瘍)マーカーとして大きいです(サインしてください)。 Kanedaiは、抗体に関する特許と区別方法のために治療への応用を予想しながら、申し込みました。
それがタンパク質への抗体である、「Shinaputofijin、」 研究が組にする筋肉を動かすのが放出されるのが必要な神経伝達物質が、設立されるとき、それは働いています。 血液が調べられたとき、全身の筋力が弱くなった「筋無力症候群」を複雑にした7人の肺の小細胞癌患者のうちの6人は、この抗体を持っていました。
この抗体が癌のため、肺と強健な人以外の患者(3人)を設立すること(24人)であったので、調査チームは独特の抗体を肺癌と考えます。
筋無力症候群の患者の半数が肺の小細胞癌を合併しますが、筋無力症は肺癌より早く大部分において現れます。 例があります。筋無力症また、肺癌が内部で見つけられるときの最大5年間の先の病気の外観。 抗体を肺癌の腫瘍マーカーにすることの例はなくて、初期の診断にたいへん使用できるので、これまで、それは予想されたはいです。
血液検査。肺癌。展開してください。筋無力症患者。これ抗体。find.The調査チームは、そのような患者が展開する可能性が大きい未来に肺の小細胞癌で予測できると予想します。
memberDoctor Masako Neagari tsunohiroshisatoが治療するCTのセンターヘッドと健康の同じセンター頭の研究協力であるめぐみ久総合病院PET?; 健康診断では、しばしば見つけられるというわけではなくて、1センチメートルに達しないなら、Itは見落とされそうです、そして、初期段階に容易に発見できる抗体の心臓などのA臨床の意味におびえて継承に入るのは大きいです。注意、「Is、肺癌の直径、0、5、」Itはそれを強調します;
「筋無力症と他の肺癌を合併しない肺の小細胞癌は、この抗体が将来現れるかどうか調べるでしょう。」と、吉川教授とMaruta医師は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策推進計画:県が策定へ /奈良 »
« がん治療の課題(上) 地域が連携 データ収集