飯田市立病院が産科常勤医を1人増 腫瘍専門外来も週1回開始

飯田市立病院が産科常勤医を1人増 腫瘍専門外来も週1回開始

飯田市が4月以来の診療のシステムを発表した、市、5日のこの病院。 産婦人科の1個の人のフルタイムの薬が増加して、それはシステムになります。5人、人の懐かしい生家が受け入れられる訪問の誕生では、およそ、その領域が下伊那飯田、および90カ月住ませるものを限界に受け入れます。
去年の12月にそれは103などでした、そして、昨年、実際に4月からの1カ月あたり約70の規格における、月の約80の平均の結果がありました。
到着して、ポストでは、それがインターネットの静岡県の病院に働いている30代の前半の後者の用語の研修医師としての新人募集が新たに知っていたと言われています。
草地のhikaakira市長「飯田の下伊那の地域の産科の中核病院のシステムを維持できます。 独立球のプランの下側に決定を達成するためにこれだけを防御するのが、必要です。 」それはそれを強調しました。
そのうえ、腫瘍(腫瘍)内科専門医による外来患者の治療は1週間に一度始められます。 医師は国際的な埼玉医科大学の臨床の佐々木教授が飯田高校卒業者(56)の中心に置くyasushitsunaです。 今、それは癌の薬物療法の権威で癌患者のセカンド・オピニオンなどを担当します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の課題(上) 地域が連携 データ収集 »
« がん細胞を中性子でねらい撃ち 京大など実用化へ