がん細胞を中性子でねらい撃ち 京大など実用化へ

がん細胞を中性子でねらい撃ち 京大など実用化へ

癌細胞は特別な薬で捜し出されますか、そして、それは癌だけで中性子によって狙撃されますか? 京都Ohara koroが場所を実験して、大阪府立大学が今春からそのような新しい放射線治療方法の実用を始めるのに応じて、そのようなものを組にしてください。 小さい癌が頻繁に起こって、複雑に広がっていて、今年の間、臨床試験を目的とするので、効果は難しい手術の患者によって予想されます。このテクニックは「ホウ素中性子捕捉療法」と呼ばれます。 それは、しばしば中性子を吸収するホウ素の働きを使用することによって、癌細胞を不当に攻撃します。 それは、増殖するように活性癌細胞の中で注入されます、そして、患者は容易に飲まれるホウ素の薬を注入されます。 中性子が患部に照射されるとき、癌細胞の中で集まるホウ素が、核反応を引き起こして、最大1つのセルの範囲が壊れるのは、メカニズムです。 環境への損害が作られていて、少量の薬であるのにもかかわらずの、投与量の調整における最小限を標準電池に連れていくということであると言われています。
住友重機が中性子を照射できる約3メーター四方の小型加速器はジョイントが研究するこれによって開発されます。 照射室は、大学病院などでセットアップするために合わせることができました。 , 不要になった、原子炉のインストールも。 ビルが合わせられて、将来数十億円でそれをセットアップできると予想されると言われています。
そのうえ、大阪府立大学によって血液に溶かされるのが、簡単であり、農業者のステラの会社(大阪市中央区)の電流は、長期の間に保存できるホウ素薬を大量生産できるという技術開発を研究して、成功します。
センター。殿この実験場所小野での2つの粒子線の腫瘍(腫瘍)研究研究のヘッド「医療設備に中性子を処理できる専門家が、それを広げるためにわずかであることは、問題です。 本当の操作の機会を利用する人材育成を進めたいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


飯田市立病院が産科常勤医を1人増 腫瘍専門外来も週1回開始 »
« カルシウム摂取でがんリスク低下~高齢者、ただしサプリでなく食事で