カルシウム摂取でがんリスク低下~高齢者、ただしサプリでなく食事で

カルシウム摂取でがんリスク低下~高齢者、ただしサプリでなく食事で

高齢者がカルシウムの豊富な食事をして、癌の一部の予防効果が予想できるのが、薬の雑誌で発行されて、「内科医療は格納する」ということであったということであったという調査報告。 しかしながら、それは言われています。多くのカルシウムがある食物から補足(補足)、および取入口に依存しないのは、望ましいです。
AP通信によると、米国社会(AARP)からの国立衛生研究所(NIH)と退職者は共同で調査しました。 それが過去のレポートと異なっている内容ですが、49万2810人というかなり多くの高齢者のためにそれをするので、説得力が高く、また、癌が開発するものが、5万人以上まで行くと思われます。
50歳のAARPメンバーの食事習慣、1990年代の半ばの71歳を調べてその後7年間発癌状況を追求する形でこの調査をしました。 3万6965人の男性と1万6605女性の女性は最終的に癌にかかります、そして、種類は10種類以上まで行きました。 直腸癌の発生は富みましたが、カルシウムの多くの食事をしていた人が、前立腺の癌と、ミルクと、肺と、直腸コロンであったように低く遅かれ早かれでした、そして、男性は16%でした、そして、女性は28%低かったです。
カルシウムを最も豊富に取るグループの平均した取入口は男性を1530年の日のミリグラムに上がります、そして、それは女性で1881ミリグラムに上がりました。 高齢者の理想的な取入口はミルクかカルシウムが強まっているミリグラムであった4つのオレンジジュース内容に対応した1200年の日でした、そして、調査をそれ以上中に入れましたが、予防効果は変化しませんでした。
さらに、食道ガンにかかるというリスクが30%であった、ヘッドと首の癌が約20%低かったということであった、食事、および男性からのカルシウムでは、豊富です。
カルシウムの補足に関して、リスク減少の効果は単に直腸癌における肝臓癌と男性という女性によって見られました。
NIHの公園が調査に関連したIkyunが見るのが「それはそれをかなり信じるのにおいて可能であるという結果ですが、より詳細な研究が証拠に必要です」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん細胞を中性子でねらい撃ち 京大など実用化へ »
« がん乗り越え将棋教室再開 上県・伊奈の元住職・野方さん