がん乗り越え将棋教室再開 上県・伊奈の元住職・野方さん

がん乗り越え将棋教室再開 上県・伊奈の元住職・野方さん

寺院で健康では、対馬市の上県町伊奈のさん(84)野方は癌、および将棋教室を直すでしょう。元神父、2年の15番目ぶりに、更新されてください。 それらはアマチュア6ステップです、そして、彼らは日本人の将棋リーグの普及の指導員です。 また、初心者は自由保有でそれを歓迎します。 話されていて、「日本の伝統的文化を子供に教えたいと思う」ということです。

毎週、15日からの日曜日です。
野方さんは**タモツの寺院の元神父、および前の日本将棋連盟対馬のヘッドの**hayashiteraの美津島町の久のブランチです。 膀胱癌に2006年12月に苦しみます、そして、教室は寺で開かれましたが、それは作動します。 それは再び4月、’07フィートで作動しました。 同じ年の7月に寺院の聖職者から後ろへ動かしますが、働いているとき、物理的な状態は、平和に庭を回収します、そして、それは妻の両親の家族に動きました。 再開は決められました、「せっかく普及の指導員を任命して、役立ちたいと思っ」て、もっとも、病院に行く点検が定期的に続けられていたと、言うのがぶり返しに注意して。
それはこのリーグの将棋とどう男性の年令の銭に基づく馬を動かすかに関する歴史、女性wazu、テキストなどからそれを誘導します。 野方さん「識者で公正に戦うので、将棋は満足です。 馬を使用するプレーから子供まで教えたいと思います。 」それはそれを作ります。
教室は日曜日の午後に毎週、一時的です。 それは5時で野方家さん(TEL0920・85・1543)で開きます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


カルシウム摂取でがんリスク低下~高齢者、ただしサプリでなく食事で »
« 《茶況》 緑茶で消化器がん予防 17日に静岡市で講演会