《茶況》 緑茶で消化器がん予防 17日に静岡市で講演会

《茶況》 緑茶で消化器がん予防 17日に静岡市で講演会

岐阜大学のjin清水副の**は紅茶研究者からされた紅茶科学社会(イサオ・トミタ議長と220人のメンバー)の講演会が17日にJR静岡前の駅でhoteruasoshia静岡で全国を通じて行われて、それは権利を与えられて、「緑茶カテキンがある消化器官出発癌予防」と特別番組に関する講演です。
仲間**清水は、大腸ポリープのぶり返しが去年の10月に緑茶要素のカテキンを含むタブレットを飲み続けたとき、抑圧されて、注意に支払われたと確認しました。 大腸癌でそれになるポリープの再発防止は緑茶タブレットの臨床試験による保証付きの1回目に言われます。
そして、そのうえ、竹田善行日本茶の裁判官クラブの代表が権利を与える、「選択、bukitaの普及と特性、すぐに、」、角にある山のeiwakayamadai名誉教授は「紅茶とエンターテインメントの文化」であり、それは特別講演で話します。
さらに、7人のメンバーがそれぞれ紅茶の健康動作などの研究成果を導入します。
それを監査するために、年会費であれば3000円を支払って、接合するのは可能です。 054 ..この社会事務局は等しいです。(271) 問い合せTo 5271は. (risachi松本)と等しいです。

morichagyouに関連する袋井と人に関して、PRは進行の来るのと地元の紅茶をイベントの様々ななどにします。

4月にshinnohidariuma副のkou**chamatsuに保たれて、シュは掛川と御前崎市、小笠で協会を賞賛する22番目のshinnohidariuma副の公衆の上で見られます。手季節の提示された最初の紅茶の選択。
いいえがシマダにおける消費動向の情報収集におけるabsordedコネとKanatani家の卸売りが店であったならばあります。
卸問屋が補充注文を読みこなしている間に消費地ビジネスへの努力をしている川根の家。
**koreのJA海南本部のテーマが5日の午後1時30分に情報を得るとき、講演会が「chagyouで将来の現状は**koreに一杯の紅茶に情報を得ること」で行われます。
藤枝の紅茶農業者はそれの肥料を施しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん乗り越え将棋教室再開 上県・伊奈の元住職・野方さん »
« iPS細胞から育てたマウス、1年後に6割発がん…山中教授