iPS細胞から育てたマウス、1年後に6割発がん…山中教授

iPS細胞から育てたマウス、1年後に6割発がん…山中教授

山中いいえ**と京都の大きい教授は、5日に東京でそれを開催する日本医療社会の再建のときに1年後に癌にかかったとがん遺伝子を含む4種類の遺伝子で作られた新しい万能細胞(iPS細胞)を移植した胎児(はい)からそれを上げたマウスの約60パーセント思われた調査結果をはっきりさせました。
これまで、約20パーセントが1年間の半分で癌にかかったと報告されていました。 添加では、発癌率が1年間の作成の後の時間がそれを置きながら調べられる3回に上がると言われています。
マウスは辛くもいつかを癌にしましたが、iPS細胞の起源の遺伝子を引き継いだ子孫は、「c?Myc」のがん遺伝子以外に、3つの遺伝子からそれを作りながら、めったに生まれませんでした。 不完全なiPS細胞である可能性があると言われています。
「世界中でiPSを作る方法の研究が高度ですが、時間を過ごす安全を評価するのが、必要です。」と、山中教授は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


《茶況》 緑茶で消化器がん予防 17日に静岡市で講演会 »
« 京大病院にがん診療拠点、京都府内で2つ目…新年度から