がん闘病死、楊志館高野球部マネジャーに卒業証書

がん闘病死、楊志館高野球部マネジャーに卒業証書

卒業式は3日に都市の**kokorozakantakaで非常に開催されていました。 Akiko) 名前は呼ばれていて、表現の後に、卒業証書は母親によって手渡されました。球団Yokoのマネージャの喉頭蓋(外国人ntouの追放)癌の.. ..Osakiによる去年の10月の17歳での死、(…
料金から名前を呼んだ学生は、1人のグループのプラットホームを昇りました、そして、ナルミの河野校長から債券を受け取りました。 大崎さんの名前は、料金によってそれが静まった体育館で鳴らされた球団博暁宮路(37)の教師監督によって電話をされて、広がりました。
感謝の言葉は大崎さんの級友であった端の山腹akanesanの保護者に説明されます。 「私は、akkoの声がまだ時々聞かれていると思います。 教わっている人生と現代のakkoが一生懸命働く重要性を忘れずに、生きたいと思います。 akkoをありがとうございます。 」それは話しました。
表現の後のホームルームで、学生は大崎さんの写真を同封しました、そして、謝意を保護者につける「手話コーラス」が、発表されました。 教師の宮路: 大崎さんの母親に。 「それは病気と闘っている間、しばしば一生懸命働いていました。 私たちは生涯決して忘れません。 」それ、「人生の宝物は友人であった」、書かれた硬球であり説明されて、卒業証書、そして、自発的に手渡されました。 母「それは本当に感無量です。 私は、Yokoが確実にまた、喜ばせると思います。 」私たちは感謝しました。
inaikotoは実際に転機の各出来事で感じられます。私は、Iが一緒に卒業したがっていましたが、心が一緒に卒業できたと考えます。それが卒業生akkonihaに可能であったと報告したいと思います。Tsukasado佐藤が(18)をsanする、だれ、それが大崎さんの級友であり、球団のキャプテンであったか、「. . akkoきちんと. 」Itは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


米国でリンパ腫の犬に骨髄移植、一命とりとめる »
« 脳腫瘍悪化の29歳女性 やりたいこと「それは整形!」