がん拠点病院:県が2施設指定 /秋田

がん拠点病院:県が2施設指定 /秋田

県は、Odateの市の総合病院と秋田市の秋田組合総合病院の2つの病院が最近その領域で癌の治療の中心的役割を担った「癌の診療のための基地の病院」に指定されたと発表しました。 ベースは県の8個一組球の北秋田がこれの2番目の医療を丸くする指定された除外でした。 秋田組合病院が協力すると言われていて、田の北の秋の球はカバーされています。
県は去年の10月を推薦しました、そして、Health大臣はそれを指定します。23番目と日付を入れられます。 そこから指定されていないのが、「単に数を増やすという必要性は認められない」範囲の秋田大学病院と秋田赤十字病院の指定病院であったのなどということでした、もっとも、それが医療の球のために秋田の周りでそれを推薦した市の秋田総合病院と内面の専門の総合病院は条件を満たしました。
他方では、雄勝の放射性処理部のない湯沢の中央の病院と雄勝医療の球は、仕様が3月(国での要求審査による10年)に取り除かれる可能性があると言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児ガン知って イベント参加者募集 »
« がんのリスク・マネジメント:(23)サプリメントの効果