がんのリスク・マネジメント:(23)サプリメントの効果

がんのリスク・マネジメント:(23)サプリメントの効果

それは、それに不満をいだかせながら、よります、そして、特定の栄養物の重篤な症状を引き起こすことの例は知られています。 例えば、脚気が食事の起源のビタミンB1が不十分であった状況の下の日本を回った時代がありました。
現在、缶時点で、健康があるので、よくバランスの取れた食事を覚えておくことが、各種料理から十分な栄養を取ります、そして、重要な2つの意味があります。 1つは不十分ではありません、そして、別の1つは取られ過ぎるというわけではありません。 野菜と果物が主な供給源であると仮定するビタミン類は、通常そうでなければ、脂肪と炭水化物がうっかり取られ過ぎるかもしれませんが、食事から取り過ぎるのを注意深くしません。 しかしながら、補足が使用されているとき、話は別のものになります。 何かがあるので、自然に食べたことによってそれを全く達成するのにおいて可能でないことの量はわずかなタブレットに含まれています。
βカロテンの補足は既に説明されます。 私は今回最近アップデートされている補足補給に関する証拠を紹介します。
まず、それがβによる精神病と癌の防止で有効であると思われます。desuga。-ビタミンEでは、「反-酸化」は、カロテンと同様になどに作用して、補足として広く広範囲です。 動物の大部分、試験管内実験では、効果を立証するという結果は出て来ました。 次に、人で実際の有効性を確認する多くの無作為化比較試験が、計画されて、欧米で実行されました。
13万6000に関するデータはそのようなビタミンEを使用した19の臨床試験から詳しく話されました、そして、効果を調べた結果は、2005年に発表されました。 これに従って、死亡率が1年間以上偽薬(偽薬)を補給したグループと比べて(ユニット国際的な400日より多く)であるのに多量の比較的補給されたビタミンEを持っていたグループで高いのが示されました。 違いは少しであったのにもかかわらずの、言うことができた範囲ではそれが確実に統計で高かったということでした。 他方では、死亡率の違いが全くなかったか、またはそれは少し小量の薬の服用のビタミンEを使用した試験において減少の傾向がありました。
そのようなものを失望させるのはなぜ結果として生じましたか?それがボディーとそれの脂質部分で合併するWhenは蓄積されて、ビタミンEは非常に高い密度になります。 それは元々そのような条件のもとで「反-酸化」効果によって知られていたビタミンEが、反対に活性酸素の生産人生を改良する指示に影響する実験に関して報告しました、そして、酵素を働かせながら妨害するのは生体内の他の重要な抗酸化と解毒に関連しました。 そのうえ、凝固系との血液の障害作用で出血するのが簡単になると思われます。 実際に、フィンランドの臨床試験では、脳内出血のリスクがビタミンEを取るグループで高かったと報告されます。
死亡危険への影響がβカロテン、ビタミンA、およびビタミンCのどちらかについて確かめた68の無作為化比較試験の23万人、ビタミンEまたは組み合わせによる抗酸化の材料の補給のセレニウム効果に関するデータを使用することによって評価された研究は2007年に発表されました。
ビタミンA、およびβビタミンE補給はそうでした。ここで、中の持っていないのが上げながら下げた結果のように報告される、ビタミンCとセレニウム、カロテンである、死亡危険が上げられる指示。
それは2009年間試験などがβを使用した8,000人の女性のために意図した、添加、およびWACSでなりました。健康Study II、ビタミンE、およびC. カロテンはセレニウムを使用した3万5000人とEが男性のために相次いで意図したビタミンの男性の医師のために意図する1万5000人に関するSELECT試験とビタミンEであると報告されました。C.の使用。 ..’医師’… それはそれが特別であり、両方の癌予防効果が予想されたこれらの抗酸化栄養素の補給で効果がなかったのを示しているという結果でした。
このだけ証拠が先で作られているとき、欠乏状態で存在する物の一部が既に除かれたとき、癌予防のための補足として抗酸化栄養素をみなすのによる利点は確実に存在でない現状に関する注意を向けることができます。
それが現状のときにこれのため癌を予防すると立証される補足が全くありません。 同じくらい理由なく長い同じくらい補足に依存して、過不足なしで様々な食事を味わわないことによって栄養物を取るのが、特に、必要です。
そのようなものを失望させるのはなぜ結果として生じましたか?それがボディーとそれの脂質部分で合併するWhenは蓄積されて、ビタミンEは非常に高い密度になります。 それは元々そのような条件のもとで「反-酸化」効果によって知られていたビタミンEが、反対に活性酸素の生産人生を改良する指示に影響する実験に関して報告しました、そして、酵素を働かせながら妨害するのは生体内の他の重要な抗酸化と解毒に関連しました。 そのうえ、凝固系との血液の障害作用で出血するのが簡単になると思われます。 実際に、フィンランドの臨床試験では、脳内出血のリスクがビタミンEを取るグループで高かったと報告されます。
死亡危険への影響がβカロテン、ビタミンA、およびビタミンCのどちらかについて確かめた68の無作為化比較試験の23万人、ビタミンEまたは組み合わせによる抗酸化の材料の補給のセレニウム効果に関するデータを使用することによって評価された研究は2007年に発表されました。
ビタミンA、およびβビタミンE補給はそうでした。ここで、中の持っていないのが上げながら下げた結果のように報告される、ビタミンCとセレニウム、カロテンである、死亡危険が上げられる指示。
それは2009年間試験などがβを使用した8,000人の女性のために意図した、添加、およびWACSでなりました。健康Study II、ビタミンE、およびC. カロテンはセレニウムを使用した3万5000人とEが男性のために相次いで意図したビタミンの男性の医師のために意図する1万5000人に関するSELECT試験とビタミンEであると報告されました。C.の使用。 ..’医師’… それはそれが特別であり、両方の癌予防効果が予想されたこれらの抗酸化栄養素の補給で効果がなかったのを示しているという結果でした。
このだけ証拠が先で作られているとき、欠乏状態で存在する物の一部が既に除かれたとき、癌予防のための補足として抗酸化栄養素をみなすのによる利点は確実に存在でない現状に関する注意を向けることができます。
それが現状のときにこれのため癌を予防すると立証される補足が全くありません。 同じくらい理由なく長い同じくらい補足に依存して、過不足なしで様々な食事を味わわないことによって栄養物を取るのが、特に、必要です。そのようなものを失望させるのはなぜ結果として生じましたか?それがボディーとそれの脂質部分で合併するWhenは蓄積されて、ビタミンEは非常に高い密度になります。 それは元々そのような条件のもとで「反-酸化」効果によって知られていたビタミンEが、反対に活性酸素の生産人生を改良する指示に影響する実験に関して報告しました、そして、酵素を働かせながら妨害するのは生体内の他の重要な抗酸化と解毒に関連しました。 そのうえ、凝固系との血液の障害作用で出血するのが簡単になると思われます。 実際に、フィンランドの臨床試験では、脳内出血のリスクがビタミンEを取るグループで高かったと報告されます。
死亡危険への影響がβカロテン、ビタミンA、およびビタミンCのどちらかについて確かめた68の無作為化比較試験の23万人、ビタミンEまたは組み合わせによる抗酸化の材料の補給のセレニウム効果に関するデータを使用することによって評価された研究は2007年に発表されました。
ビタミンA、およびβビタミンE補給はそうでした。ここで、中の持っていないのが上げながら下げた結果のように報告される、ビタミンCとセレニウム、カロテンである、死亡危険が上げられる指示。
それは2009年間試験などがβを使用した8,000人の女性のために意図した、添加、およびWACSでなりました。健康Study II、ビタミンE、およびC. カロテンはセレニウムを使用した3万5000人とEが男性のために相次いで意図したビタミンの男性の医師のために意図する1万5000人に関するSELECT試験とビタミンEであると報告されました。C.の使用。 ..’医師’… それはそれが特別であり、両方の癌予防効果が予想されたこれらの抗酸化栄養素の補給で効果がなかったのを示しているという結果でした。
このだけ証拠が先で作られているとき、欠乏状態で存在する物の一部が既に除かれたとき、癌予防のための補足として抗酸化栄養素をみなすのによる利点は確実に存在でない現状に関する注意を向けることができます。
それが現状のときにこれのため癌を予防すると立証される補足が全くありません。 同じくらい理由なく長い同じくらい補足に依存して、過不足なしで様々な食事を味わわないことによって栄養物を取るのが、特に、必要です。

津のkaneshouichi**(tsugane–shouichirou)

国立がんセンターの癌予防と診察リサーチセンターの予防調査担当重役。 1981年の慶応義塾大学の医学部の卒業のためのこの大学研究大学院完成(医学博士)、85年、および03年からの現職。 研究の主な領域が捜し求める、予防、人のために癌の疫学研究で様々な要素と病気の関係について確かめている間、分類してください。 まとめて、確実な状態で大規模で、長期の追跡調査「多目的のコホート研究」、国内の研究、およびプレゼントを評価する「ライフスタイル改良で予防している癌の開発の研究」などの研究グループ、予防、導かれます。 「癌にかかるのは、人の場合にいない人(講談社buru-bakkusu)などであることなど」の本があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん拠点病院:県が2施設指定 /秋田 »
« がん検診率向上めざす