がん 転移時に免疫制御

がん 転移時に免疫制御

それは、自由に全身の免疫に耐えたセルを働かせながら制御して、ボディーの内部を癌細胞が慶応義塾大学の研究で他の内臓に転移したとき、運動するのが、簡単にするようにはっきりさせられました。
それがその場合作られたタンパク質を働かせながら抑圧する薬ができるなら免疫抑制では両方の、癌の転移と癌細胞を阻むことができる可能性があります。 3番目は薬の雑誌癌細胞(電子版)の中で発行されます。
ユタカの川上教授(腫瘍(腫瘍)免疫学)の他の調査チームが転移能力がタンパク質を作っている癌細胞の多くに注意を向ける、「Suneiru、」 . suneiruが詳細にそれを調べるとき重要にだけ全身の免疫反応を転移に抑える細胞数を増加させるのが理解されます。
他方では、また、suneiruの働きがほぼ通常、返した状態で癌細胞に対する攻撃を止めてあるという抑圧されるのと、免疫反応であったときに、転移能力は抑圧されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策議連 患者らの不安に寄り添いたい »
« Dr.中川のがんを知る:実践編69 頭頸部の場合