胎性幹細胞移植により腫瘍が発生

胎性幹細胞移植により腫瘍が発生

腫瘍が人間の胎性の幹細胞(胎児の幹細胞)処理を受けた患者に起こった初めての症例はモスクワで報告されました。 しかしながら、それは言われています。患者の病気が腫瘍の原因になる可能性は考えられるでしょう。
この腫瘍は、胎性の幹細胞による血管拡張運動失調で脳に認められたものの神経処理と少年の背骨を始めて、約4年後に起こりました。 血管拡張運動失調はまれな神経変性の病気です、そして、免疫系の弱化は引き起こされます。 イスラエルとテルアビブの大学シバSheba Medicalセンターの研究グループが外科手術で取り外してあったのが腫瘍が脊髄腫瘍を調べることの結果、少年の自身の組織によって引き継いだ状態で異なっていると判明しました。
腫瘍が起こった危険はいつか報告されます。Pluripotential胚幹細胞を微分する能力があるセルの注射が欲しいです: 多分化能に。胚幹細胞。 ..(研究グループに従った各種タイプのセル).. 歯をgeして、分化する、それの前のセルは、いつも低く、それを特に注入して、リスクが非常に低いと言われています。
調査チームが2月17日にオンライン薬の雑誌「PLoS薬」で発表されたレポートにおける幹細胞治療の使用を続けるべきですが、慎重さが本件によって必要であることが示されたと説明されます。 繰り返して最大を得ることと同時の最小限におけるリスクが再生医療で利益になる停止に加えて生物学の研究、使用、および幹細胞の安全をするのが必要であると言われています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんを知る:実践編69 頭頸部の場合 »
« 真家年江さん:柏の主婦、2度のがんと難病越え活躍 患者や家族のケアに奔走 /千葉