ヒトでもウイルス使わず作成=新万能細胞、がんリスク低減-英加チーム

ヒトでもウイルス使わず作成=新万能細胞、がんリスク低減-英加チーム

2は、同時に彼らが最初に人間でほとんどの無限増殖で引き継いだ2番目の上でイギリスの科学雑誌自然電子版に発表されて、発癌のリスクでウイルスを使用しない方法でボディーのすべてのセルに変化した新しい胚性幹細胞「人工の多分化能トランク(iPS)セル」を作りながら、イギリスとカナダでチームについて研究します。 山中いいえ**は京都大きいです。iPS細胞の開発者である教授は、去年の10月にマウスで成功を発表して、再生医療アプリケーションに必要な安全を保証するためにワンステップを進めました。
初めに、4つの特異遺伝子を体細胞とiPS細胞に挿入しましたが、遺伝子の容器を作ったとき、レトロウイルスを使用しました。 エディンバラ大学のイギリスのなどは、4つの遺伝子が今回リボ核酸(リボ核酸)に低分子タンパク質(ペプチド)でDNAから転写されたというものを結んで、カセットのように役に立つ方法を開発します。 カナダトロント大学などは4つの遺伝子を山中教授と同様に核外遺伝子と呼ばれた環状のDNAに組み込みました。
両方が組になって、マウスと人間が胎児の皮膚からiPS細胞を作る、(バー、それ、=が繊維) セルを許容しない私 iPS細胞がすることができた後に、また、4つの導入遺伝子を取り除いた装置をしました。 iPS細胞の作成効率が4つの遺伝子で高められて、安全ができるだけ考えられていましたが、癌の原因になった「c?Myc」の遺伝子がありました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


真家年江さん:柏の主婦、2度のがんと難病越え活躍 患者や家族のケアに奔走 /千葉 »
« 筑波大学・吉川教授が講演ワクチンの導入必要党都女性局がセミナー