白血病の中国人少女 国境越えて広がる支援

白血病の中国人少女 国境越えて広がる支援

静かに、去年の夏にオリンピックの興奮の渦巻で包装された、中国と北京に住み続ける病気少女に対する戦いがあります。 昨年、5月に、急性リンパ性白血病と診断されるために、それはあります。 1カ月に一度放射線治療費用は家族の月収の50倍に上がります、そして、骨髄移植手術の見通しは調べられません。 少女の存在を知っている日本人が、サポートグループをセットアップして、協力の円は、国境を越えて、広がりました。
(16)(フナ)、病気に対するduki**のような戦いは北京都市の部分的破壊家に住み続けます。 去年の4月に突然の高温によって攻撃されました、そして、河南省で農村で母親と弟と同居しましたが、それは急性リンパ性白血病と診断されました。
接合されますが、それが最も高くても、供給された額は1万元(約16万円)です。農村の医療保険制度。 それは1カ月に一度放射線治療費用だけになりました。 他方では、家族の月収は最大200元に近づきません。 骨髄移植のドナーは見つけられますが、約65万元(約910万円)まで上がる操作費用の見通しは調べられません。
ジャーナリスト。中国。)..昨年。8月。オリンピック。覆っています。苦しめてください。知ってください。支持します。分類してください。ホームページを訪問することによって、start up.The募金活動は高知県、鹿児島県、および中国本土に達しました。 しかしながら、それは言われています。約800万円がさらに操作に必要です。
それはさん/さんです。 「奇跡を信じて、duki**で一生懸命働きたがっています」と言うFukuzawa。 それはサポートの拡大に望みを任せます。 (滝口アキ)

-

サポートのお金: ブランチと三菱東京UFJ銀行新橋普通預金3037760に、「それに会うと、フナの処理は支持されます」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


筑波大学・吉川教授が講演ワクチンの導入必要党都女性局がセミナー »
« 「がんをどう考えるか」(三橋紀夫著)