がん治療、地域連携の仕組み試行

がん治療、地域連携の仕組み試行

癌患者は、中核病院で処理を受信して、4月に「癌の地方の同盟は一時的であること」を退院するときの処理の領域シェア情報の開業医、訪問看護師、および薬剤師がどれであるかで試みられた受信します。 工事を通過する癌の地方の同盟が、年度2009に事業活動費を支持するとき、県は当初予算考えへ84万円まとめています。

最初に、県の全域の青森の胃癌患者、13の領域、および肺癌患者はトライアルの目的です。 扱われた中核病院はテーブルでの管理などの定期的に退院した後に、病院に行く、在宅介護の処理スケジュール、および情報について説明します。

患者と家族がこの病院に基づいていなくなった後に、流れの説明は受信されています。

退院したなら、それはこれまで情報に関するコミュニケーションに医師と看護師で滞在しました、そして、患者がこれに堪えたのは、県のなどItによると、訪問看護師が患者に使用していたどういう薬が示されるか尋ねられました。

始めを通過する地方の同盟であり、また、看護師があなたが1時にそれの時に視点を使用するどういう薬を理解できるかと言われるなら、テーブルは見られます。

癌の診療、看護している社会、および薬剤師会などのためのベース病院で医師から成る県の研究委員会は年度に9月の終わりに試みられた結果について確かめます。

国の基礎プランにおけるがん対策の販売促進では、それは、11年度による5の大きい癌(肺、胃、肝臓、大腸、および乳癌)の通過を維持することであることを目的としながら、掛かっています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【新書】『がん難民コーディネーター かくして患者たちは生還した』藤野邦夫著 »
« インド政府、ガンジー遺品の競売阻止に全力