インド政府、ガンジー遺品の競売阻止に全力

インド政府、ガンジー遺品の競売阻止に全力

【3月1日のAFP】はっきりさせられて、インドの、そして、独立している父親マハトマ・ガンジー(マハトマ・ガンジー)などの商標であった金属エッジのその眼鏡が米国ニューヨーク(ニューヨーク)インド政府で今月のものまでにオークションに置かれている所有者に接触して、オークションの障害を始めたということでした。 インドに関するPTI(PTI通信)コミュニケーションは28番目を報告しました。
Anbikaは観光をsoniします、そして、(Ambika曽爾)文化面の説明されたPTIであり、「去ることで残っているガンジーの記事はあらゆる大通りでしたが、オークションに置かれて、それは探検されます」。

観光の話と文化的な省に関連する人では、インド政府は、去ることで残っているガンジーの記事について彼らが、既に所有者に接触したよう要求したと言って、去ることで残っている記事を政府に寄贈します。
生活が落札をする合衆国の受け入れられないと展示会中止が要求された後に、博物館に寄付するようインドに要求などなどの方法と政府買物かインディアンが競売で調べられると言われています。
それは、インド政府が専門委員会を設立して、去ることでオークションに置かれる予定であるガンジーについて残っている記事を取り戻すために手を尽くします。 3月4日?5日にオークションは実行される予定です。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療、地域連携の仕組み試行 »
« 久保田 良性腫瘍を摘出していた…