自己細胞シートで食道修復=がん切除後のかいよう防ぐ-消化器で初・東京女子医大

自己細胞シートで食道修復=がん切除後のかいよう防ぐ-消化器で初・東京女子医大

巨木kokorozaのグループは、操作の後にかいようのため食道ガンが切り取られた位置に患者のセルから培養された席の移植、および食道狭窄の防止で引き継がれた東京女子医科大学の**を関連づけます(今日、それを割きます)。 培養組織を移植する再生医療は、角膜などであり、成功例を持っていますが、それは消化器官分野の世界初です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


久保田 良性腫瘍を摘出していた… »
« 骨肉腫と闘う:/10 吐き気止めの薬は酒飲みに効く=社会部・佐々木雅彦 /大阪